本文へスキップ
トップページ>TOPICS

 

石灰を使った理科実験授業を開講しました

      
大分県石灰工業会(古手川保正会長<弊社社長>11社)は、去る3月13日と17日の両日、津久見市内の中学2年生を対象に、石灰を使った理科実験授業を行いました。
    
津久見市が市内の小中学生を対象に、“ふるさと津久見に愛着を持ち、ふるさとを大切にする人になってもらいたい”という趣旨から取り組んでいる「ふるさと教育」の一環として行われた今回の授業では、市立第一・第二中学校の二年生、計150名が参加するなか、様々な実験等を通じて津久見市の基幹産業である石灰の性質や用途などについて紹介しました。

冒頭に石灰の基礎知識について講義を行った後、生徒はグループに分かれて石灰の化学反応を利用した各種の実験に参加しました。石灰石と酸の反応で発生する二酸化炭素の圧力により勢いよくフタが飛んでいく「フィルムケースロケット実験」や、生石灰に水を加えた際に起きる発熱反応を利用した「石灰たまご作り」など、目の前で起きる石灰の様々な反応に生徒たちは興味津々の様子でした。

今回の実験授業に参加した生徒の中から、将来、石灰に興味を持ち新製品の開発など次世代の津久見の石灰産業を支える人が出てきてくれると嬉しいです。

>>>授業の様子は【津久見市のホームページ】にも詳しく紹介されています。

  ~石灰の基礎知識についての講義の様子~


  ~フィルムケースロケット実験の様子~


  ~「石灰たまご」作りの様子~


 


特許情報






古手川産業株式会社

本社・工場
〒879-2471
大分県津久見市合ノ元町1番4号
TEL 0972-82-1331(代)
FAX 0972-82-4169

大分事務所
〒870-0106
大分県大分市鶴崎2002-1
TEL 097-521-2422
FAX 097-521-5265