本文へスキップ
トップページ製品一覧>生石灰

 製品紹介

【生石灰】

生石灰は、石灰石(主成分:炭酸カルシウム)を約1000℃で焼成して作られます。
図 CaCo3→CaO+CO2 写真 生石灰
 用 途   説 明
製鋼・フェロアロイ用 高温中で鋼の中の不純物(シリコン、硫黄、リン等)と反応してスラグとなり除去します。
製紙用 (1)チップ(木を細かく切ったもの)からパルプを製造する際に発生する廃液から、苛性ソーダを回収する為に使用されています。
(2)紙を抄く際に「填料」として紙の白さや不透明さを与える目的で、軽質炭酸カルシウムを使用、その原料として使用されます。
公害防止用
(環境対策用)
 
(1)各工場からの酸性廃液の中和
(2)排ガス中の塩化水素ガスの中和・固定用
(3)RDF用
(4)産業廃棄物の固化処理
 
土質安定処理材
(アースライム)
生石灰の発熱やイオン交換作用による
 (1)軟弱路床・路盤・地盤の改良
 (2)盛土材の改良
 (3)構造物の基礎改良
 (4)ヘドロの固化
農薬・肥料用 果樹や野菜の消毒用、または酸性土質の中和、有機物の分解促進として使用されます。
海の底質改善 硫化水素の発生防止、有機物の分解促進、りん及び重金属の固定により赤潮や青潮の発生を防ぎます。
その他 (1)乾燥剤
(2)食品添加剤:精糖、こんにゃく等
(3)建築材料


特許情報






古手川産業株式会社

本社・工場
〒879-2471
大分県津久見市合ノ元町1番4号
TEL 0972-82-1331(代)
FAX 0972-82-4169

大分事務所
〒870-0106
大分県大分市鶴崎2002-1
TEL 097-521-2422
FAX 097-521-5265